« nodalpoint | Main | ジャンクフーディズム »

2004.06.01

あの人の座右の書

イメージがないものだとよろしくないようなのでもう一発

これはあのtontonさんの座右の書です。金子の解説が余計だな。

cover

|

« nodalpoint | Main | ジャンクフーディズム »

book」カテゴリの記事

Comments

すいません。Amazonから画像をひっぱれないときは、No Imageとかでるようにしました。

Posted by: shira | 2004.06.01 04:04 PM

で、どこらふきんが座右なんでしょ。

Posted by: shira | 2004.06.01 04:05 PM

サッカーの本質を理解するための良書ということかなあ?
なぜサッカーを理解したかったというのは、、ご本人、どうぞ。

Posted by: ti14 | 2004.06.01 04:19 PM

いやぁ、連れ合いとは映画も本も趣味がまったく合わないのでが、なにげなく手にとった本書は予想に反して素晴らしかった。
たしかに金子の解説はまったく無視してよくてですね(笑)、ただ、ただ、クライフの姿勢に感銘を受けた次第。3回ぐらい読んだかも。
少年期に入った息子の子育て方針にいただきなのだー。

Posted by: tonton | 2004.06.01 04:30 PM

>なぜサッカーを理解したかったというのは
の答えになってませんでしたね。それは、、、ナイショです。(笑)

Posted by: tonton | 2004.06.01 04:33 PM

うーむ。わからん(笑)。読め、ちゅーことやね。

Posted by: shira | 2004.06.01 10:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あの人の座右の書:

« nodalpoint | Main | ジャンクフーディズム »