« 今日の猫バカ 2004.6.28 | Main | コーチングの難しさ »

2004.06.28

野沢尚氏死去

脚本家で乱歩賞作家の野沢尚氏が死亡。自殺ではないかとのこと。ぼくはこの人のドラマを見たこともないし、本も読んだことがないのだけれど、先般の鷺沢萌氏と併せて自殺について一言。

人が自殺すると、そんなに思い詰めていたのかとか、借金があったのかとか、理由を探したくなりますが、自殺にはコレといった理由なんかないでしょう。コップに水がたまるように、いろいろな思いや出来事が積み重なっていって、コップからついにこぼれたときがその時なのです。

それにしても作家はよく自殺しますな。もともと自分の身を削って商売にしているようなところもあるし、書けなくなったら自分で自分の人格を否定してしまうようなところに陥ってしまうのでしょうか。芥川龍之介のいうところの「漠然とした不安」というやつでしょうか。

自殺したり、鬱病になったりしないためには、コップの水をときどき抜いてやらないといけませんね。だから同じ作家でも、たとえば雀荘の片隅で粗大ごみのように寝ている某直木賞作家とか(聞きかじり)、地球の裏側まで行って得体の知れないものを食べているような作家は、そんなことには絶対になりそうにないですな。

|

« 今日の猫バカ 2004.6.28 | Main | コーチングの難しさ »

kotowari」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560/862041

Listed below are links to weblogs that reference 野沢尚氏死去:

» 野沢尚もか… [I don't think so.]
鷺沢萌に続いて野沢尚が自殺しやがった。なんでこう真面目な若手の作家が、自ら命を絶ってしまうんだろう。 そりゃ俺だって死にたいと思うことなんか、週に2回くらいある... [Read More]

Tracked on 2004.06.29 at 04:51 PM

« 今日の猫バカ 2004.6.28 | Main | コーチングの難しさ »