« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.31

さようなら2004

今年もあとわずかとなりました。お世話になった皆様、どうもありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。もう記憶にないのかもしれませんが、おかげさまで平穏無事な1年だったように思います。後吉かどうかは微妙なかんじですが。

Continue reading "さようなら2004"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.12.30

半纏はあったかーい

正月用品、端的に言えば餅を商店街に買いに行った。嫁さん御用達自然食品店の横にある衣料品店の店先に半天あるいは半纏または袢纏が並んでいてつい買ってしまった。最初は2000円のものを見て「安いねえ」とか言っていると中からおじさんが出てきて「これは中国製なのでこっちのほうがいい」と久留米綿入り手作り国産半纏を薦めてくれた。中国製は中綿がポリエステル100%で久留米のは綿70%ポリ30%なんだと。久留米半纏にもランクが三つあって一番高いのは柄も渋くていい。安いのは受験生みたいな柄だけど、まあ引きこもり生活だからいいかと一番安価なのをさらにおまけしてもらった。

というわけで、スウェットパンツに半纏、坊主頭を保護するニットキャップ(ウール100%だぜ)と受験生のようなかっこうでブログ更新中!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.29

初雪かき

2004snow

たいした積雪ではなかったけれど雪かき。子どもたちは一日中かまくら作りやそり遊びをしていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.28

おとくラインをセールスする電話

日本テレコムから電話がかかってきた。「おとくライン」のセールスらしい。あんまり熱心には誘ってくれなくて「調べてみて検討します」と答えたらあっさりと引き下がったので、かえってほんとにお得なサービスなのではないかと思ってしまった。どうなんでしょう?誰か教えてください。キャンペーンの内容で「指定した3つの電話番号宛の通話が1年間無料」というのはすごいと思うのだが。

Continue reading "おとくラインをセールスする電話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご無事で何より

今回の地震で震源の一番近くにいた知り合いは下の記事にTBしていただいたクアラルンプール在住のnorzuさん(別ブログでコメントを何度もいただいておりまして。お会いしたことはないんですけれど)。クアラルンプールでもかなり揺れたみたいですし、マレーシア西岸では津波で60人くらいの犠牲者が出ています。ほんとにご無事で何よりです。

Continue reading "ご無事で何より"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

地震による津波

インドネシア・スマトラ島付近で起きた地震による各地の津浪被害はついに犠牲者2万人超。日本人も20人以上が行方不明と、皮肉にも大惨事で「災」の一年を締めくくることになってしまった。インドネシアは島嶼によって成り立ち、地震や火山などの活動が活発で日本と似ているところが多い。それだけ自然が豊かであるとも言えるのだが。。。ちなみに今回の地震は海溝型の巨大地震で今後数年に渡ってM8クラスの余震の危険があるそうだ。

Continue reading "地震による津波"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.12.26

雪が降りました

この冬初めて雪が降りました。明け方から降っていたようで、2cmくらい積もっています。去年のブログをみてみると12月16日が初めての積雪、20日から21日にかけて大雪→雪かき、と書いてありますから、今年は暖冬なんですね。そのまた前の日記には初雪の記述はなし。残念。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.12.24

坊主にした

特に思うところはないのだけれど、坊主にした。ここのところ「梅安もの」を読んでいたので深層心理に働きかけがあったのかな。愚息に見せると「かっこいい!」。エメルソンかベッカムをイメージしたらしい(苦)。しかし、鏡に写してみるとどうみても売れない落語家だ(泣)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.23

オンセ・カルダス前監督が銃撃受け重体

トヨタ杯で来日のコロンビア前監督、帰国後に襲われ重体

コパリベルタドーレスの覇者オンセ・カルダスの前監督(トヨタカップでFCポルトに破れた後に辞任)が、銀行ATMで家族が強盗に襲われたところを助けようとして銃撃された。一命は取り留めた模様。コロンビアは事実上の内戦状態で非常に治安が悪く、貧困層の子どもは麻薬カルテルなどの犯罪組織に入ってしまうことが多い。オンセ・カルダスはこちらの記事にもあるように、子どもたちが犯罪に手を染めないようにと無料のサッカースクール「平和のためのサッカー教室」を行っている。

Continue reading "オンセ・カルダス前監督が銃撃受け重体"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.22

元ロッテ投手を強盗殺人容疑で逮捕

元ロッテ投手を強盗殺人容疑で逮捕

けっこう衝撃的。タイトルまで取った選手が借金のためにこんなことをするなんて。でも球団退職時に借金で自己破産しているそうだから、元々金の使い方に問題があったのか。Jリーグでは選手のための職業訓練をしてるけど、プロ野球では経済観念とかマネープランとかも講義した方がいいかも(行っているのかな?)。ちなみにJでは巨額の契約金はない。せいぜい数十万の支度金程度。プロ野球みたいに社会を知らない若人にウン億円も渡さない。というものの、この場合は野球選手だったとかじゃなくて本人の資質の問題か。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.20

人工芝はやめてほしいなあ

成田好三氏のコラム「三木谷浩史・楽天球団オーナーへの手紙」

仙台宮城球場は内外野に人工芝を敷き詰めるそうだ。天然芝では来季の開幕には間に合わないというのが理由だとか。来季は外野だけ天然芝でその次から内野も芝にするというのはどうでしょうか、三木谷オーナー。やっぱり天然芝の方がいいですよ。夢のあるボールパークを作りたいなら天然芝にしましょう。最近はどこもかしこもドーム+人工芝だけど、プロ野球が夢を与えるものだとしたら、管理コストや野球以外のイベントのことを考えるよりも、成田氏のいう世界標準の球場を作ってほしい。といいつつ、FIFAは人工芝での公式試合を認めたのですが。。。

参考サイト
人工芝の復興:フットボールカルチャー
スポーツターフ小事典
フィールドターフ

Continue reading "人工芝はやめてほしいなあ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テーハミング強いなあ

韓国がドイツに3−1で快勝

ドイツが「やっぱアジアのチームは弱いぞ」と手を抜いたのか? そんなことはあり得ないだろうなあ。誰か分析して。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

時代を駆け抜けた名馬フィギュア

また買ってしまいました、おまけ付き缶コーヒー。今回はジョージアの「時代を駆け抜けた名馬フィギュア」!! ちなみにJRAもコカコーラもWebでは告知していません。なーぜー? ま、それはいいとして歴代の名馬8頭のフィギュアなんですわ。8頭はシンザン、オグリキャップ、トウカイテイオー、ナリタブライアン、エアグルーヴ、グラスワンダー、テイエムオペラオー、シンボリクリスエス。おや、偉大な三冠馬が一頭見あたりませんねえ(ほんとはあと三頭いるがセントライトとミスターシービーは外れてもやむなしか)。今回初めて購入した私が引き当てたのは、、、オグリキャップです!よっしゃ!

>>>写真はこの辺から探してみてください(ずぼら)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

昨日見ました

昨日は天皇杯準々決勝。本日原稿締め切りを抱えながらもレッズ-F東とガンバ-アントラーズをテレビで見るという荒技を繰り出した。赤-F東はまあまあいつもと同じで、いつもよりほんの少しF東に運がなかった。しかしサントスの決勝ゴールはなかなかすごい。ゴール前のあの場面であのシュートが打てるのは本物のストライカーだ。ガ-アはガンバがよく辛抱した。前半は攻め込まれたたけど後半は対応していたし。それより何より加茂周氏の解説は枯れてきたなあ。そして寝ぼけ眼で矢部の番組を見ていると、出た、ロナウジーニョ。リフティングというよりもジャグリングですなあ。いやあ、あんな技はホモサピエンスには絶対不可能だ。見た人はわかると思いますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.19

次の一手

詰むや、詰まざるや!
<<<クリックで拡大!
新しいアルバムはこちら

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.12.18

チャンピオンズリーグ1回戦は地味と派手

チャンピオンズリーグ組み合わせ

17日、CLの組み合わせ抽選が行われた。派手なカードと地味なカードが分かれた感じ。レアル-ユーベ、バルサ-チェルシー、マンチェスターU-ミラン、バイエルン-アーセナルの4つは見応えがありそう。逆にブレーメン- リヨン、PSV-モナコ、リバプール-レバークーゼンは地味だけど、昨年みたいにこの中からファイナルに進むチームが出てくるかもしれない。去年は地味vs派手の対戦でことごとく地味チームが勝ったから派手同士の対戦が少なくて盛り上がらんかったから今年は一回戦でぶつけまひょというUEFAの企みがあるのだ、、、なんていうのは勘ぐりすぎか(残り一つのカードはポルト-インテルです)。

Continue reading "チャンピオンズリーグ1回戦は地味と派手"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.17

「サッカー力」の違い

日本完敗。アジア王者に世界的強豪の洗礼

昨晩はあまりの見事な負けっぷりに落ち込んだが、一夜明けてみると、わずかな時間帯だけどパスを中盤で回していたし、両サイドを何回か突破していたから、まあこんなもんじゃないかと思う。最初はドイツのプレスの早さに戸惑っていたようだね。特に小笠原はプレーや判断のスピードがJレベルで通用しなかった。前半の終わりくらいからなんとか対応でき始めていたので、能力がある選手だと思うから若いうちにヨーロッパレベルで経験を積んでほしいなあ。

Continue reading "「サッカー力」の違い"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.16

ナンバーディスプレイをセールスする電話

NTT東日本から電話がかかってきた。ナンバーディスプレイのセールスらしい。熱心に勧めてくれるのだが必要性もないし「対応の電話機じゃありません」と言ったらあっさり引き下がった。工事費2000円、月額400円も払うほどのサービスかねえ。携帯はデフォルトで表示されるのに。個別に電話セールスをしているところを見るとNTTも苦しいんだろうなあ。プッシュ回線使用料もなくなるらしいし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.15

チャン・ツィイー!

初恋のきた道
嫁がDVDレンタルで借りてきた映画第二弾です。この映画は二つの側面があります。ひとつはチャン・ツィイー!!(意味不明^^;)。なにせ半分くらいがチャン・ツィイーのアップです。しかもカメラ目線も多いのでファンの皆様にはたまらない作品でありましょう。中国の寒村にやってきた教師に恋する村娘の役なのですが野暮ったいところがまたいいのだあ(<落ち着け)。もうひとつは不器用なまでに素朴な純愛映画という面です。特に込み入ったプロットがあるわけでもなく、淡々と話が進みますが、余計な説明がないぶん純粋な夫婦の、そして親子の愛情が引き立ちます。そしてやはりチャン・ツィイー。教師が自分の家を訪れたときに見せる喜びの表情などは突き刺さるほどに真っ直ぐです。僕の見つめられると怖い女優No.1はイザベル・アジャーニなのですが、嫁曰く「同じくらい怖い」そうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.14

バロンドールはシェフチェンコ

今年のサッカー欧州最優秀選手はACミランのFWアンドリー・シェフチェンコに決まった。セリエAの優勝と得点王が評価されたのだろう。ウクライナ人としてはウクライナの矢と呼ばれたオレグ・ブローヒン、86年W杯でソ連代表として活躍したイゴール・ベラノフに続く3人目の受賞。欧州最優秀選手は「フランス・フットボール」誌が主催し、欧州52ヵ国のサッカー記者の投票で受賞者が決定する。賞の別名バロンドールは「金のボール」の意味で授与されるトロフィーの形からきている。

Continue reading "バロンドールはシェフチェンコ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.13

最後のトヨタカップ

すっかり忘れていたが今回でおしまいだ。妻が「ビフォーアフター」を見ていたのでチャンネル変えてくれとも言えずに、終わった瞬間にチャンネルを合わせる。0-0。やっぱりそうか。ここ数年南米はカウンターでしか戦えなくなってきている。隙をついて1点とってから試合を膠着させる。ボカだってそうだった。ま、相手がレアルだったんだけど。で、そういうことをやらせると南米の選手はとてもうまい。また、ある程度の自力がなければそういう戦いもできない。さらに欧州勢の強行日程もあるね。ポルトは火曜日にCLを戦って日曜に日本で試合だよ。ちょっとかわいそうだ。

Continue reading "最後のトヨタカップ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.11

スーパーカー世代

発売中のTITLEはスーパーカー特集。年代的にはど真ん中のストライクです。小学5,6年の頃はスーパーカー消しゴムをボールペンで弾いていました。机の上にサーキットを書いて。記事中で930ターボが出てこなかったのが疑問だったけど、調べてみると後年911ターボに名前が変わっていたんだね。。。

Continue reading "スーパーカー世代"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.10

女性側は引退要求

紳助、罰金納付…女性側は引退要求、民事訴訟も示唆

頭がおかしいとしか思えないのだが。
不適切だったので訂正:えげつないなあ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

W杯最終予選をCLで占う

W杯アジア最終予選、日本は初戦で北朝鮮と対戦

日本の組にはイラン、バーレーン、北朝鮮。確かにきついグループだけど、この面子で3位になったらW杯に出る資格がなかったとあきらめるしかない(プレーオフがあるけど)。川淵キャプテンがボーダーは3勝2分1敗といっていたが、とにかくホームの3試合で勝ち点を落とさない(勝つ)ことですね。

4チームのホームアンドアウェーで上位2チームが勝ち抜けという方式はご存じチャンピオンズリーグのグループリーグと同じ方式なのでちょっと調べてみると、8組あった中で一番低い成績で突破したのはグループHのFCポルト=2勝2分2敗-勝ち点8。初戦のホームで引き分け、第二戦・第三戦アウェーで負け、と3試合で勝ち点1から這い上がったのだから、日本が北朝鮮に引き分けてイランに負けてもあわてないように。まあ他がつぶし合ってくれたという幸運があるのだけれど。

Continue reading "W杯最終予選をCLで占う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.09

女性セブン55万部刷り直し

皇室記事誤植で発売延期 週刊誌「女性セブン」

他人事ながら出版印刷関係者には生きた心地がしないニュースですねえ。記事によると「皇太子」が「皇大子」になっていたらしい。見つけちゃったら仕方ないよな^^; 「印刷所段階で小見出しに網かけをする処理の際」と言っているから印刷の責任になるのだろう。しかし女性セブンって55万冊も刷っていたのか。すごいな。「全冊の誤植を修正したうえで店頭に出す」って刷り直しでしょ? あ、そうか、製本前ならその折りだけ刷り直しか。イヤーどっちにしても大変だ。ちゃんと校正しよう>自戒。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ありがとう、アイマール

バレンシアCF・アイマール選手が約200万円の義援金

この夏にビッグスワンでアルビレックスと対戦したバレンシアCFのアイマールが新潟地震と7月水害の被災地に義援金200万円を寄付したそうです。バレンシアはもうチャンピオンズリーグの敗退が決まっちゃったけれど、UEFAカップは応援するぞー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.08

付録に弱いのだ

昨日、「温泉達人」というムックを買ってしまった。なんてことはない温泉情報誌なのだけど買ってしまった。版元が英知出版だからではない。「安西水丸デザイン特製風呂敷(75cm×75cm)」が付いていたからだ。こういう付録には本当に弱い。思えばSportivaの創刊号は「W杯ゴール集DVD」が付いていたからもちろん買ったし、「オリジナルスポーツバッグ」が付いていた号も買った。でもほかの号は買ってない^^;

Continue reading "付録に弱いのだ"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

浦島ネタ:新札ゲット

遅ればせながら、新千円札を入手いたしました。東京あたりではバシバシ出回っているのかなあ。しかしすごい印刷技術を駆使していますね。野口英世の髪の毛とか背広とか「1000」とかはインクが盛り上がっているもん(ただしコストの関係か表面だけ)。それから色味も派手になってます。ぱっと見、模様が変に重なっていたり、バランスが悪かったりするところもあるのだけど、まあ偽造対策と言うことでいいんじゃないでしょうか。あー早く新・福沢諭吉と樋口一葉が見たい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学力、世界トップから脱落

高1学力、世界トップから脱落 数学6位 読解力14位 OECD調査

当然の帰結。「生きる力」「ゆとり教育」「総合学習」といった施策を文部科学省が講じたことによって、生きる力となる総合的な学力が低下したのだからお笑い草としかいいようがない。まあ、学者先生やお役人の考えることはろくなもんじゃないという見本ですな。で、この結果を受けて文部科学大臣が「もっと勉強しないと駄目だ」と言っているのはさらに可笑しい。おまえんとこが授業数を削減したんと違うのか。

Continue reading "学力、世界トップから脱落"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.07

浦島ネタ:スライドする携帯電話

今日電気屋に行って携帯コーナーを眺めていると、あるではないか、スライド式携帯が→ドコモの「D253i」とauの「W22H」。今は亡きドコモ「NW207」(ノキア製)がなつかしい。マトリックスを見て以来、なんでスライド式がないんだろうと思っていたのだが、9月くらいに発売されていたようだ。スライド方式で何がどうなの?というと別に何もない。ただのギミックだ。それが理屈抜きにいいのです。H"でもスライド式希望。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.06

声が枯れました

先週の風邪(?)がのどに来まして、声が枯れてしまいました。しゃべれません^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jリーグ チャンピオンシップ 第一戦

横浜Fマリノスが勝負にこだわったサッカーで浦和を破った。正直言って面白くないぞ、岡田監督。ボールを奪取すると低い位置から坂田、清水の2トップにロングボールを当てる。そこから、2人+奥で突破できればよし、できなければセットプレーに持ち込む。これは本当にリスクの少ない戦術である。全体で押し上げていくことが少ないから浦和のカウンターを食らうこともない。でも見ている方はつまらないなあ。久保や安、柳を書いているからこれしかないのか。さらに強固な守備陣があってこそとれる戦術ではあるのだが。第二戦でも同じ試合運びでいって0-0になる可能性が高いなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.01

ファンタジーサッカー 2004最終成績

トップリーグ昇格ならず。残念! 
ちなみにイースタンリーグは1287位(1007fp)以上がトップリーグ昇格条件でした。

丸子ホットスパー 
チーム時価総額:11億7010万
1stステージ:信越・北陸・東海 2769チーム中185位  966fp
2ndステージ:イースタンリーグ 6390チーム中2633位 950fp
年間:リーグ共通 224632チーム中6686位 1916fp

| | Comments (0) | TrackBack (1)

今日の猫バカ 2004.12.1

12月がやって参りました。昨日は雪も降り、外にいる猫たちも寒そうですが、凍死した猫というのも聞いたことがないですからだいじょうぶなのでしょう。しかし、「おうちを作ってあげて」「カイロを置いてあげようか」という猫バカさんがいまして、日曜大工をするはめになりそうです。

family.JPG <<< クリックで拡大!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »