« 世界選抜vsヨーロッパ選抜 | Main | セルフスタンドでバブリーなBMW発見 »

2005.02.20

キャッチボールで6000万賠償

いわゆるキャッチボール訴訟ですか。こわいですね、心臓震盪。ずっとまえのエントリに書いていましたが、本当にキャッチボール程度で亡くなるとは。亡くなったお子さんはたいへんお気の毒だけれど、こんな判決が出るとおちおちキャッチボールもできないな。もちろん結果的に亡くなっているのだから賠償責任はあるとおもうが。

共同通信の記事では裁判官は「公園の状況からすれば、男児らはキャッチボールを避けるべき注意義務があった」と述べたらしいけど、どうなんだ。これが判例になると保険は必須だな(宣伝っぽいけど^^;)。うちは賠償責任1億円だかの保険に入っているそうです。東京にいた頃、アパートの駐車場で高いクルマのバンパーに傷を付けたときにもこれでカバーできました(ちょっとした傷でバンパー全とっかえ=15万くらいだった)。

|

« 世界選抜vsヨーロッパ選抜 | Main | セルフスタンドでバブリーなBMW発見 »

kotowari」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560/3009700

Listed below are links to weblogs that reference キャッチボールで6000万賠償:

« 世界選抜vsヨーロッパ選抜 | Main | セルフスタンドでバブリーなBMW発見 »