« メディアとインターネット | Main | セシール、食品から撤退 »

2005.02.16

総合的な学習能力

昨日、上田市内の信用組合で強盗事件があった。54歳無職の男が女子行員にナイフを突きつけて「金を出せ」とやったのだ。この男、なんと妻と一緒に現金を引き出しに来ていて凶行に及んだとか。それにしても、なぜこのような成功確率0%の行動をとったのか。無職でせっぱ詰まった気持ちになっていたのか?

最近よく起こっている頭のおかしい人の殺人事件とはちがいます。この人はお金がほしかった。お金を得たら一般市民としてそれを使わないと意味がない。それならば、
・面が割れないようにする
・いくらの現金があるか当たりをつける
・逃走経路や潜伏先を確保する
最低限これくらいの準備は必要。それでも失敗するだろうけど。無職でどうしようもなくなったとしても強盗を選択してはいけません。強盗とか誘拐とかは割に合わない犯罪。悪事を働くにしても考えなくては(勧めているわけではありません^^;)。とっても悪い例だけど、自分の置かれた状況と周囲の状況を判断して行動を選択するというのが「生きる力」なんじゃないかと思う今日この頃。

|

« メディアとインターネット | Main | セシール、食品から撤退 »

kotowari」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560/2950725

Listed below are links to weblogs that reference 総合的な学習能力:

« メディアとインターネット | Main | セシール、食品から撤退 »