« ドラフト会議のどたばた | Main | 今日の猫バカ »

2005.10.05

大江健三郎賞

存命の作家の名を冠する賞が設立されること自体、異例なのだけど、ノーベル賞作家だからいいのかなあ。そしてさらに、本人ただ一人が選考するっていうのはどうなんだろう。「公」ということについて考えてしまいます。

|

« ドラフト会議のどたばた | Main | 今日の猫バカ »

kotowari」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560/6259622

Listed below are links to weblogs that reference 大江健三郎賞:

« ドラフト会議のどたばた | Main | 今日の猫バカ »