« アホは風邪をひかないか? | Main | ついに電力線ネットワークが »

2006.11.14

世界史を擁護する(二回目か?)

今話題の世界史。米軍とか自衛隊の士官学校でもローマ時代の会戦のシミュレーションをやったりするそうだし、知っておいた方がいいことがたくさん詰め込まれていると思うけどなあ。世界史を修めずして、商社マンになったり、建築物を造ったり、コンピュータプログラムを書いたりしていいのだろうか。いいか。

確かに奥が深くてやっかいな科目ではある。大学受験の時、Z会の通信教育をやっていた。科目は英語と件の世界史である。Z会の問題は辞書とか参考書とか何を見てやってもいい。だから世界史なんて楽勝に思えるけど、調べても調べてもわからない問題ばかりだった(当時はインターネットもなかったからね)。必修逃れをしたくなる気もわかる、というくらい奥が深いのだ。でも、調べているうちになんとなく頭に入ったりしてね。無理矢理な詰め込みも時には有効かも。ずーっとわけがわからなくても、ある日気がつくと頭の中がすっきりしていることもあるもんだ。

あれ、まったく記憶にないけれど、高三から始めたんだっけかなあ。Z会の情報誌によれば高二の今ごろから始めれば現役合格!らしいけれど。ま、私はとりあえず現役合格できました。第一志望じゃなかったけどね(汗)

|

« アホは風邪をひかないか? | Main | ついに電力線ネットワークが »

kotowari」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560/12689740

Listed below are links to weblogs that reference 世界史を擁護する(二回目か?):

« アホは風邪をひかないか? | Main | ついに電力線ネットワークが »