« 信州にJクラブを | Main | 月刊少年ジャンプ »

2007.02.23

電子ペーパー(e-paper)の昔話

お世話になっているデザインルームエムの間島さんがブログを始められたそうなので記念トラバをば。

知っていますか?電子ペーパー (間島の仕事。)

簡単言うと紙のような柔らかい素材にPCで作成された情報を無線LANなどを利用し表示を意図的に変えることができるものをいいます。分りやすくいえばディスプレイが薄くやわらかくなったようなものです。それを「どんな便利な利用方法があるか?」を考えているのです。

イーインクというのを十年くらい前に雑誌で記事にしたことがある。いわゆるマイクロカプセル方式のコンセプトを作ったのはこの会社で、原理とかはこのページの絵がわかりやすいと思います。数年後に日本の印刷会社が出資することになって、そのあとどうなったのかは知らなかったけれど、今サイトを見てみるといろいろ実用化の芽が出てきているようだ。当時はイーインクなんてほとんど知られていなかったのに今じゃ「電子ペーパーがわかる本」とか「紙への挑戦 電子ペーパー」なんていう本もあるのだからウラシマ状態ですな。。。

実用化については当時もいろいろ考えたんです。まず、夕刊フジは電子化で決まり^^; とかね。でもやっぱりコンシューマ向けよりビジネス用途で実用化されるんだろうなあ、と思っていました。間島さんも書いているように風呂屋の絵がいろいろな図柄に代わるとか。腕時計は面白いけど、イーインクにする必要性が今ひとつ見えないし、SonyのLIBRIEはちょっと高すぎる。

イーペーパーの紙に対する利点は、軽い、データ量が事実上無限、書き換えが容易。既存のディスプレイに対する利点は、同じく軽い、曲げられる、といったところでしょうか。消費電力は小さいようですが、大型化やカラー化の難易度は調べてないのでわかりませんm(_ _)m

以上を踏まえずに^^; 荒唐無稽に考えてみると、スイッチひとつで図柄を変えられるネクタイ(スーツでもいい^^;)、タクシーのドアを広告看板にする(道交法は知らない)、とかいうように、紙やディスプレイの代替のほかに、今までとはちがった所に使われると面白いような気がしますねえ。

|

« 信州にJクラブを | Main | 月刊少年ジャンプ »

kotowari」カテゴリの記事

Comments

Purchase of new flats and houses, which may seem a bit pointless, but it is a really good idea.

Posted by: Kim Kardashian Hollywood ipad cheats | 2015.01.09 at 03:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560/14015753

Listed below are links to weblogs that reference 電子ペーパー(e-paper)の昔話:

» LEDよりも断然、味のある表示デバイス [アダムスキーの視点]
レトロフューチャーな時計 [Read More]

Tracked on 2007.02.23 at 10:13 AM

« 信州にJクラブを | Main | 月刊少年ジャンプ »