2006.04.24

新書祭り?

何を思ったか、新書を立て続けに読んでいる。現在は「大丈夫な日本」(福田和也)を読んでいます。

臆病者のための株入門
「ザイ」とか買っている人は先にこちらを読むべし。もっとも経済的に正しい株式投資の方法がわかります。
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
ちくまと文春の違いか、ちょっとだけ専門的。最低限のネット関連の知識があった方がよく理解出るかと。GoogleとかWeb2.0とかについては思うところはいろいろあるけれど整理できてないのでまたあとで。
グーグル—既存のビジネスを破壊する
こちらは逆にネットにどっぷり浸かっている人には食い足りないかも。情報や知識を整理するにはGood

| | Comments (5) | TrackBack (2)

2006.04.05

インターネットマガジン休刊

インターネットマガジンが休刊になったそうです。インターネット総合月刊誌というものが役割を終えてしまったということでしょうか。最終号を買いに行かねば!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2006.03.10

「オシムの言葉」

4797671084
オシムの言葉」は必読ですね。サッカーに興味を持つ人だけではなく、広くいろいろな人に読んでほしい。

Continue reading "「オシムの言葉」"

| | Comments (9) | TrackBack (1)

2005.12.13

電子雑誌を読んでみた

ソフトバンクが、日本初の電子雑誌「Manyo」創刊!
ということらしいので、早速読んでみました。flip viewerという専用ビューワが必要で、この手のやつはMacに対応してないことが多いんだけど、Mac版もちゃんとあります。

内容はよく読んでないんだけど^^; 広告やグラビア写真が動いたり(Flashか?)して、なかなか面白い。マシン環境がプアなのでストレスあるけどG4 1GHzとかPen4なんとかかんとかだとサクサク動くのだろう。こういう動く雑誌広告というのは可能性を感じるね。電子ペーパーとかで雑誌を読むようになったらこんな広告なんだろうなあ。

| | Comments (77) | TrackBack (0)

2005.07.14

デザイナー以外の人にも読んでほしい「Webデザイン・ハンドブック」

昨日、東京に営業に行ってきました(お仕事絶賛募集中!)。その帰りに神保町のNoraさんへ。というわけで、Noraの深沢さんの近著「Webデザイン・ハンドブック」をご紹介します。普通にサイトを作るなら、この本とHTML+CSS辞典があれば他には何もいらないと思います。Flashとかはまた別ですが。いやあ、これはデザイナーだけでなく、企業のWeb担当者に読んでほしいなあ。Webでできることとやるべきことの違いというか、そういう間合いみたいなものがわかるんじゃないかと。特に2章「ユーザビリティとアクセシビリティ」と4章「インターフェイスデザイン」は必読です。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

2005.02.04

インターネット・マガジンの方向性

インターネットマガジン3月号が届いた。定期購読した覚えないのに、と思っていたら試読キャンペーンに応募したんだった。。。この前は立ち読みだったけど、よく読んでみたら、だいたいの方向性が読めてきました。次世代ネットワークとか、4Gケータイとか技術寄りにシフトしたんだな。だから、もうプロバイダのデータとかホットスポットリストとか(泣)はついていません。ハードウエアのレビューも使用リポートではなくて技術の検証みたいになっとります。ネットで得られる情報は紙にして出しても仕方ない、この誌面でしか得られないとんがった情報を出していかないと紙媒体は生き残れない、ということでしょう。そしたら1050円という定価もうなづける。おそらく広告も減ることだろうから、情報を必要としている人にそれなりの値段で買ってもらう。いい舵取りじゃないでしょうか。定期購読するかどうかはまた別の問題ですが^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.01

インターネットマガジンが

インターネットマガジンがリニューアルして、なんか薄くなっちゃったんですけど。平綴じが中綴じになって、SPA!くらいの厚みで1000円とは強気だ。前号より高くなっているぞ。奥付をみると前号まで発行人だった井芹という人が編集長と編集人も兼務している。リストラ&てこ入れなのか?インサイダー情報求む^^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.11.25

本棚を作ってみました

Web本棚を作ってみました。各々の書籍のページではトラックバックができたり、他の人やアマゾンのコメントも引用できて、なかなか面白いです。まだ作りかけなので本は少ないのですが。入力が若干手間なのと、サイト自体がやや重たいのが難点でしょうか。さくさくと動くようになればとても便利なサービスになりそう。CDとかDVD専用も作りたいな。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2004.09.13

ローマ人の物語(文庫)、カエサル登場

ローマ人の物語(文庫)の8,9,10巻が刊行された。アマゾンで買ったら9と10が先に届いて8がお預けというひどい仕打ちを受けたがまあいい。この3冊は単行本の第IV巻「ユリウス・カエサル ルビコン以前」を文庫にしたものである。今年中には第V巻「ユリウス・カエサル ルビコン以後」と第VI巻「パクス・ロマーナ」が文庫化されるらしい。とはいうものの、文庫化は年に単行本3巻分づつのペースだから、第XII巻まである本書が全部文庫化されるのは2006年ということになる。内容については、アマゾンとかいろんなところでレビューされているからそちらを見てね。一言いいたいのは、歴史と哲学を大学入試(あるいは国家公務員上級試験)の必修科目にしないと国が滅びるよ、ということ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.06

新刊発売

村上春樹の新刊がでるらしい。前にも書いたかもしれないけど、会社を辞めそうになる時期に村上春樹をよく読んだ。村上春樹を読むから会社を辞めたくなるのか、その逆かはよくわからない。いまは会社員じゃないから読んだらどうなるのかな。会社に入りたくなったりして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

blog | book | cat | computer | cooking | country life | favorite | football | kotowari | trade